総量規制対象外のローンとキャッシングを比較して活用するには

住宅ローンやマイカーローンなどは総量規制対象外のローンとして知られており、総量規制の対象である消費者金融会社のような限度額の総額に制限があるわけではありません。その為、利用者の目的に合わせてローンを組んでいく事で返済計画を適切なものにしていく事が出来ます。

総量規制があるキャッシングは、利用者の年収の3分の1までしか限度額の総額を設定する事が出来ませんので、審査で限度額の総量が年収の3分の1を超えてしまう場合には、審査を通過出来ない事もありますので注意が必要でしょう。

総量規制対象外のローンは、マイカーローンや住宅ローンなどの目的別ローンだけでなく、銀行や信用金庫のカードローンも当てはまります。消費者金融会社のキャッシングの限度額総額が総量規制の制限に引っかかりそうであれば、カードローンも検討してみると良いでしょう。