カードローンの保証委託先の業務範囲が広い!金融事故でデメリットが!

銀行カードローンの殆んどが、クレジットカード会社や消費者金融に保証業務を委託しています。大手消費者金融やクレジットカード会社のキャッシングは、保証は自社で行うものの、債権回収は子会社など業務範囲は多岐に亘ります。

ここで注意したいのは、たった一つの会社で金融事故を起こした場合、多岐に亘りデメリットを受けるリスクです。最近では、スマートフォンの割賦購入、賃貸物件の保証委託などもこれらの保証会社と関係しています。金融事故がその後の生活に影響するリスクがあるため、無理な借り入れにより事故を起こさないよう、日頃から返済遅延に対する注意や返済計画が非常に重要となっています。そのため、可能な限り信用会社の利用先は最小限に留めることも重要です。