キャッシングの審査でチェックされるのは主に収入と信用情報です

キャッシングの審査の対象となるのは、主に収入と信用情報です。収入は、返済の裏付けとして必要ですので、収入のない人はキャッシングをすることができません。また、もし収入があっても、信用情報にブラックがある場合は、キャッシングの審査に通るのは困難になります。信用情報のブラックは、別名ブラックリストとも呼ばれます。

ローンの返済が3回続けて遅れた場合、あるいは、債務整理をした場合には、5年間ブラックが登録されますので、その間はキャッシングを見合わせた方がいいでしょう。また自己破産の場合は、銀行関連の信用情報では10年間登録されます。

その他には、勤務先や勤務年数、あるいは他社からいくら借りているかなどを見られることもあります。特に他社借入が多い場合は、返済能力にやや不安があるとみなされて、キャッシングができないこともあります。特に消費者金融には総量規制があり、その人の年収の3分の1に当たる金額までしか、キャッシングをすることができません。

それから専業主婦が配偶者の名義でキャッシングを申込む時は、配偶者の同意が必要になります。配偶者に内緒でキャッシングをしたい場合には、消費者金融ではなく、銀行で申込みをするのがいいでしょう。