キャッシングに限度額は存在するのか

キャッシングを申し込む場合、限度額があるのかどうか、気になる人も多いでしょう。一律の限度額というものはありませんが、その人の収入や借り入れ件数を見たうえで、もうこれ以上は借りられないということはあります。たとえば月収20万円の人で、複数の金融機関からお金を借りていて、その総額が10万円近くなっているという場合は、新規に借りると返済に困る可能性が高くなるので、審査に通らなくなります。

それから消費者金融の場合は、総量規制があります。総量規制というのは、その人の年収の3分の1に当たる金額が、自動的に限度額として設定されます。たとえば年収600万円の人は、200万円が限度額となります。この限度額は、消費者金融での借り入れのすべてが対象となります。

ですから、消費者金融を何社も利用している場合は、限度額をオーバーしやすくなり、新規の申し込みができなくなりますので、気をつけるようにしましょう。消費者金融で限度額ぎりぎりまで借りているけれど、もう少しお金を借りたいという時には、総量規制対象外の消費者金融、または銀行を利用するのがお勧めです。

銀行は元々総量規制がないので、年収の3分の1が限度額となることはありません。ただし、審査基準は消費者金融頼は厳しくなります。