本人確認書類には何が使える?

キャッシング審査に必須なのが本人確認です。収入証明不要という場合があっても本人確認が要らないキャッシングは存在しません。キャッシングに申し込むならば、必ず本人確認用の書類を用意してからにしましょう。

本人確認に利用できる書類は?

本人確認で使用できる書類は、運転免許証、健康保険証、パスポートの3つが主流です。ほとんどの人がこのうちひとつはお持ちでしょうが、万が一手元にない場合はサポートデスクなどに連絡しましょう。住民票など別の書類による確認に切り替えてもらえる場合があります。ただ、スムーズに契約までこぎつけたいのであれば、できるだけこの3つのうちひとつを用意してから申し込んだほうがよいでしょう。

どの書類を使えば有利?

免許証や保険証、パスポートのうち、どれを使うかは好きに決められることが多いです。場合によっては利用する書類によって審査を有利に進めることもできます。例えば、保険証が公務員共済証であったり、大企業が発行する健康保険組合証の場合、勤務先と在籍期間の証明もできます。このことは本人確認以外の信用力の部分で高く評価されるので、審査では有利に扱われると言われています。ただ、本人確認書類を原則として運転免許証だけに限定して指定しているキャッシングもあるので、そのときは素直に運転免許証を使いましょう。